2018年9月25日火曜日

2018.9.25 ベランダから1分くらい月を見た

9/12
ネオ歳時記の締切。書く。月に2回の締切はすごいはやさで迫ってくる。
後日公開されたのはこちら。→ 栗鼠/シルバー・ウィーク
髪を切った。白髪が隠せなくなってきたので、むしろ部分的にブリーチしてもらいまだらにしてもらって誤魔化す方法をとる。

9/13
ワタリウム美術館で梅沢和木・TAKU OBATA「超えてゆく風景展」を見る。梅沢和木さん、同い年くらいだろうと思ったらぴったり1985年生まれだった。ツイッターでも書いたけど、そういうことが前にもあって、山本さほさんも、1985年生まれ。いつか同い年の別ジャンルのクリエイター同士で何かしたいなと思った。
夜は赤坂で夫の元上司・同僚の方と夕飯。秋刀魚ご飯に山椒が効いていてとてもうまかった。

9/14
クズウジュンイチさん(昆虫図鑑とか執筆してる)を誘って東大の昆虫標本展。古い標本と新しい標本では保存状態が違うんだけど、タマムシとかは古くてもけっこう綺麗で、甲虫(こうちゅう)はすごいなと思った。むかしは蛾はこわい、蝶は綺麗、というステレオタイプな感覚だったけれど、大人になって蛾のかっこよさに気づいたと話したら、蛾は種類がすごく多くてファンが多いことなど教えてもらった。根津まで歩いてお茶して、さらに鶯谷まで歩いて飲んで帰宅。人生相談も聞いてもらってしまった。

9/15 土
3連休1回目初日。家で過ごす。事務所を借りるなら、という妄想で物件検索をしまくった。引っ越し癖というのは自傷癖にちょっと似ていて、今の自分をやめたいみたいな気持ち。それを回避するには今をよくするのが一番で、リビングの本棚をきれいにしよう、と思い至ったので、2時間物件検索し続けたが、わるいことではなかった。

9/16 日
昼からシャイニング句会。実家に戻った照子ちゃんが上京するというので、加藤さんが幹事役をしてくれた。私は捌き。番号の鍵が2度もあって、めちゃめちゃきれいな会議室だった。最近たまにスペイシーで部屋を借りるけど、それぞれ味があって面白い。
夜は夫と川崎で待ち合わせてユヴェントス・フィルハーモニーの創立10周年記念演奏会。マーラーの「千人の交響曲」という、壮大な曲だった。ちゃんとホールでオーケストラを聴くのは初めてだったが、よかった。夫が大学時代3ヶ月間クラシックを聴くサークルに入っていたというのは初耳。

9/17 月・祝
打ち合わせで鎌倉の港の人へ。とはいえ、人が多いから、観光などはせずに帰った。友人の句集の打ち合わせだったが、私の次の句集についても話した。江ノ電の車内で100円玉を拾ったので募金した。

9/18
走鳥堂句会@枡野書店。6人の固定メンバーのうち4人がお休みだったが、2人来てもらって4人で句会。10~12月は毎週火曜に枡野書店を借りることにする。南阿佐ヶ谷での少人数の句会に参加したい方いらしたらご連絡ください。参加条件は、私の活動を面白いと思ってくれていること、面白い句が書きたいこと。

9/19
鰺句会。私ふくめ5人。指導句会として松本さんが立ち上げてくれた句会だが、このタイミングでやめることを思い立つ。今後は句会でお金をもらうのは基本的にやめようと思った。→こちらに詳しく書きました。

9/20
蔵前で対談の仕事。川沿いのおしゃれなカフェ。仕事後にチョコレートのお店へ。ここもおしゃれ。それ以外にもちょこちょこいいかんじの店があり、蔵前への認識を新たにした。

9/21
大相撲を見に国技館へ。行きつけ(?)の日本酒のお店で、常連さんが間違ってマス席を2日分とってしまったというのを聞き、それなら買い取りますと申し出て、夫と妹夫婦を誘って行くことにした。私は国技館は3度目。
14時に妹夫婦と待ち合わせ(妹夫はたまたま現在無職、妹は午後休をとった)、少し館内を見て回り、十両の取り組みから見る。夫が来れるか危ぶまれたが、17時ごろ到着。一番いいところだけ見ることができた。稀勢の里vs白鵬の日でたいそう盛り上がったけれど、あっけなく白鵬の勝ち。
夕飯は、雨の中15分くらい歩いて、ちゃんことふぐと鳥の店。ここ、高校の同級生と来たことがあった。うまくて安くてよかった。

9/22 土
2回目の3連休初日。guca2号のデザイン打ち合わせで、ユリちゃんと息子、デザインのマリコマリコンビ(この言い方はダサいからやめろと言われている)がうちに来てくれた。ユリちゃんの息子Tははじめ誰も相手をしてくれないのでえんえんおやつやキュウリなどを食べ続けていたが、会議が終わったあとマリコ&マリに遊んでもらってめちゃくちゃテンションが上がっていた。夫は自室で仕事。
夜は夫とふたりで散歩に出て、ご飯を食べてなっちゃんの店に寄って帰った。カべルネ・フラン、うまし。あいかわらずなっちゃんは最高。

9/23 日
午後、友人の著者近影を撮る。夫は大学時代写真部だったこともあり、まぁまぁよいミラーレス一眼とレンズを6つくらい持っているので、そのなかから望遠レンズを借りた。私が一時期写真を撮っていたときはGR1(フィルム、広角)とかヤシカフレックス(二眼レフ)とかだったので、レンズを交換するというのはなかった(叔父にもらったEOS Kiss(一眼)でも撮ってたけど、あまりレンズに興味がなかったし、単に金がなくて売ってしまった)。同人誌などをつくっていると、まずまずの写真さえ自分で撮れれば……という機会が多いので、これを機に少し練習してみることにする。

9/24 月
近所に区営プールがあることを知ったので、夫と一緒に水着を買いに行く。以前買った水着はパツパツすぎて脱ぎ着で死にそうになるため、セパレート型のを買った。夫は買わなかった。昼はタイ料理。いつものように書店へ行って午後帰宅。夫はアガサクリスティーの文庫を2冊購入し、夜には1冊読みきっていた。どうりで本が増えるわけだ。私はマクロレンズで少し写真の練習。
中秋の名月とやらで、夫と一緒にベランダから1分くらい月を見た。
夫とはじめて会ったのは2年前の9月。私はだいぶ精神が安定してきたし、夫は生姜とわさびが食べられるようになった。3年目、飽きずに元気にやっていきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿