2018年9月20日木曜日

2018.9.20 定期的に初心者向けの講座や句会をやるのをやめることにします

2018年9月末までで、今やっている2つのことをやめることにしました。

・NHKカルチャー青山教室(毎月)
・鰺句会(隔月)

初心者向け講座に何回か通って、その人が初心者のままであるとしたら、教える側が手加減をしているか、教わる側にやる気がないか、どちらかだと思います。だから、初心者向け講座というのは、そうですね、6回くらいでメンバー総入れ替えが必要だと思います。そんなかんたんに初心者じゃなくならないって? それは、お互いがその程度の気構えだからじゃないでしょうか。私の感覚だと、そのままのメンバーでいくなら、次の6回は中級編にならないとおかしい。とはいえ、初心者も上級者も一緒に楽しめるのが句会でありますから、ふつうのカルチャー句会の先生は、そこのところの采配が実にうまく、新しく来た人にも古参の人にも学びがある。

ですが、私にはそれがうまくできませんでした。とくに私が弱いのは、知識がないというところです。いい先生というのは、少しずつ的確なタイミングで古今の作品のいい例を出して、ハウツーや例外的なやり方を補強できます。私の場合は、そこにあるその句のことしか言えません。

しかも私の講座や句会は、「もともと俳句が面白いと思って句会に来た人」以外にはあまり親切でないものでした。たぶん、適当な気持ちで句会に来てみた人は「マジじゃん、こりゃ無理だわ」と思ったでしょうし、ちょっとやっていたという人も、褒められないから面白くないと思ったりしたでしょう。私だって、居酒屋のカウンターで知り合ったおじさんが一句詠んだけどどう? みたいなときにはうまく褒めますよ。下手な句を褒めるのは話芸です。でも句会で楽しむべきは私の話芸ではなく、俳句そのもののはずです。

もちろん、全員に俳句ガチ勢になってもらいたいわけでもないですから、ある程度どんな句会に行っても恥ずかしくないというところまで俳句が書けるようになりさえすれば、俳句とは適度な距離を保って、たまに句会に遊びに来る、というのは大歓迎です。ふだん俳句と関わりが薄いから書けるおもしろい俳句というものがあり、俳句どっぷりの人は刺激をもらえます。
(ただ、ある程度俳句が書けるようになる、というのは、遊ぶ上で大切です。オセロだって、ルールがわかるだけでは、うまい人とやったら必ず負けます。けっこううまい人と遊んでも、うまい人を楽しませるくらいのことができるくらいのところまでは、できるようになってほしい。なぜかというと、私は、おもしろい句会以外に出たくないからです。おもしろい句会というのは、今まであんまり見たことのない句をどう読むか考える場です。少し学べばわかるようになることを指摘してもらいに来るのは、甘えだと思ってしまう。)

「もともと俳句が面白いと思って句会に来た人」には、別の句会への参加や結社への入会をすすめたり、句集を紹介したり、賞への応募を促すなどして、「自力で初心者じゃなくなってもらう」ようにしてきました。また、初歩からきちんと教えてほしい、やさしく教えてほしいという人には、それができる先生を紹介しました。その結果、私の初心者向け講座や句会からは、どんどん人が少なくなりました。当たり前です。今来てくれている人たちはだいたい、生徒というより仲間です。

というわけで、これからは以下の方針をとろうと思います。

・句会では指導料はとらない(会場代、雑費はいただきます)
・やりたくない句会はしない
・初心者向けの講座や句会は、必要があれば単発で行う
(参加者5人以上、会場を用意してください。時と場合によりますが、一人あたり1000円〜でやります)
・指導する以外のことでお金を稼ぐ(これが一番ムズい。がんばろう)


というわけで、2018年度後半からも、どうぞよろしくお願いします。

2018年9月11日火曜日

2018.9.11 ついに思ったとおりのランチョンマットを見つけた

8/23
カフェへ。台風が来て寝まくっていた。

8/24
けものとオーニソロジーのライブを見に行く。久しぶりの代官山。オーニソロジーさんは初めてだったけどとてもよかった。けものもナマは初めて。休憩時間、トオイダイスケさんの曲が流れ続けていた嬉しかった。

8/25(土)
夫と新宿へクッションなどを買いに行く。ついに思ったとおりのランチョンマットを見つけた。

8/26(日)
ユリちゃんが仕事に行くあいだ、息子を預かる。知識系を夫が担当し(ウルトラマンの図鑑を一緒に見るなど)、それ以外を私が担当(絵本読み聞かせ、お絵かきなど)。ピザを頼んでみんなで食べた。

8/27
オダさん、アベさんとご飯。食べ始めたらすごい雨と雷。アベさんと2軒目に行って帰る。飲みすぎ。

8/28
人生でもベスト10に入るレベルのふつかよいで死んでいた。夜はNHKカルチャー。10句組んでもらって選評しあった。けっこう面白かった。飲まずにおとなしく帰る。

8/29
水中書店へ行って、そのあとお茶。三鷹事情に疎いので開拓したい。帰宅して低血糖になってうずくまっていた。

8/30
友人の安藤夫妻と4人でポルトガル料理。すごくいい店で大満足。ワインの飲みすぎに気をつけた。最近はいろんな国の料理に挑戦してみている。

8/31
対談アップされました。
たった17音の俳句に広がる、刹那と永遠。池田澄子×佐藤文香対談

神保町で打ち合わせ。すばらしい事務所におじゃまして、自分もめちゃめちゃ仕事できる人になったらこんな事務所を持ちたいものだ、と思う。

9/1(土)
芝不器男賞・与謝蕪村賞お祝いの句会とうちあげ。不器男賞の生駒くん・翔・惣一郎、蕪村賞の若くん、ムラコ、高山さん、藤田くん、あっちゃん、私で餃子を食べた。写真を撮り忘れた。こういうのはのちのち思い出になるやつ。

9/2(日)
週刊俳句で記事アップされました。
佐藤文香✕西原天気の音楽千夜一夜 GRAPEVINE「なしくずしの愛」

こちらは染野太朗さんに取り上げてもらいました。
「日々のクオリア」
枇杷の葉は日差しに透けず測量の人たちが集まって笑った
佐藤文香・高山れおな「君とうたへば」(「現代短歌」2018年9月号)

9/3
取材のためひとりで町田へ。取材の内容は後日記事になります。

9/4
新宿で打ち合わせ。台風が来る。でも、長靴で歩いてたのは私だけだった。

9/5
台風の被害がひどいようで心配。
ネオ歳時記3回目「秘密」「化粧水」
夜は先輩と飯へ。むかしの恋愛話などを聞いて盛り上がる。

9/6
朝起きたら北海道で地震があったと知る。翌日から札幌に行く予定だったが、キャンセルした。心配。
小部屋句会。4・4・5・3のリズムというお題が出ていて、みんなが面白がってチャレンジ。なんだかそっちがふつうみたいになって妙な句会になってよかった。沖縄から春馬が帰って来た。生レバー春馬という俳号を、斉藤春馬に変更した。

9/7
札幌に行けなくなって時間があいたので、行きつけの日本酒の店へ。お客さんから相撲のチケットを買っていて、そのお金を払いに行きついでに飲む。

9/8 (土)
午前中はあくびをし続けて終わる。あくびが出すぎるのも自律神経失調らしい。夕方は澄子さんちに少し寄ってから散歩。
夫が「未解決事件 警察庁長官狙撃事件」を見始めて、面白かったので一緒に見た。イッセー尾形さんのファンになった。

9/9 (日)
「週刊俳句」で
特集 山田耕司句集『不純』を読む
がアップされた。高須賀くんと伊東くんは句会の仲間。山田さんは相変わらずめちゃくちゃ面白い。
夕方はまた夫と散歩。だいぶ歩いた。最近できたらしい古本屋で収穫アリ。散歩中に本屋があると必ず寄ることになっている。

9/10
午前中医者。午後は悟空の会。そのあいだの時間で立川の電源があるカフェに行き、2時間半居座って原稿を書いて送った。書きあがってよかった。ギリギリ。
第二次悟空の会のメンバーは鴇田さんと若くんと遠山陽子さんと私。ひとり20句をA41枚に印刷して持ち寄る。毎度それぞれの作品を読むのが楽しみ。

9/11
久々のぼたんの会。といっても参加者は私ふくめ3人、しかも今日は欠席投句が1人しかおらず。でもいい句があったので嬉しい。夕方へんな時間にカオマンガイを食べてしまった。
帰宅して、さっきまでコスタリカV.S.日本を見ながらブログを書いてていた。サッカーや野球を楽しむ人間にシフトしていきたい。



2018年8月22日水曜日

2018.8.22 俳句甲子園を見たり

8/10
締切をどうにかクリアし、友達が家に来てご飯。好きな曲についていろいろ語る。YouTubeは便利だなぁ。

8/11 土
夫のイトコのお宅へ。去年我々は結婚式を最小単位でやったため、会うのははじめて。イトコの姉の方とその夫、子、イトコの妹の方とその夫、子、我々という8人。大人では私が最年少、私の夫が最年長だった。なぜかみんなで俳句甲子園の動画を見た。YouTubeは便利だなぁ。

8/12 日
家でだらだらする。夕方、夫が髪を切りに行くのと一緒に家を出て、その間少し仕事。いちじくとカブを食べた。

8/13
日中は少し仕事。夜はあっちゃんと『せきらんうんのいっしょう』という絵本のイベント@B&Bに行く。夕飯は中華を少し、家が近所なので夜道をけっこう歩いた。あっちゃんというのは阪西さんなのだが、俳句甲子園の個人賞の審査提出日だったらしい。

8/14
俳句文学館に調べ物に行くつもりが、お盆で閉まっていたため、国会図書館へ。その後、銀座でフレンチ。鴨と仔羊をいただいた。ザリガニとエスカルゴも食べた。お店のオススメは蛙だったけど、蛙は食べませんでした。

8/15
締切日なのにコンタクトレンズを買いに行かないといけないことに気づき、あわてて新宿へ。そのあとカフェでどうにか書き上げる。

8/16
枡野書店を借りて、guca2号の特集インタビュー。そのあとライブに行く予定だったが、夫の誕生日だったのでケーキとワインを買って大人しく帰った。

8/17
松山へ。実家ではなく「道後やや」というホテルに2泊。両親と夫と私で居酒屋に行く予定にしていたら、若くんから連絡があり、若くんも誘うことに。佐藤家feat.若之。両親と別れて、3人で露口。マスター、ママともに覚えてくれていて、新宿の文壇バー猫目のかなこさん宛のものを預かって帰った。

8/18 土
俳句甲子園初日。ホテルの朝食を食べすぎた。第二試合から観戦。海城v.s.名古屋、開成v.s.愛光、徳山v.s.興南などの試合を見た。見た中ではこの句がお気に入り。


昼はアサヒで鍋焼きうどんを食べ、銀天街で済美高校が勝つのを見た(野球の甲子園)。夜は最近できた飛鳥乃湯泉に入りに行き、なぜか実家でピザ。サルバトーレは美味い。

8/19 日
起きたら敗者復活で名古屋と海城が上がっていて、またしてもホテルの朝食を食べすぎた。第二会場で岡山朝日v.s.海城、徳山v.s.済美平成を見て、徳山v.s.開成の決勝戦はパブリックビューイングで観戦。はじめてお茶とお茶菓子をいただく。


祝、徳山高校初優勝。表彰式まで見て、空港へ。高校の同級生のあきこちゃんと会う。「さとうさん来てるかなって思ってたんよ!」と言われた。

今回完全に客として俳句甲子園を見て、俳句やディベート、審査員のコメントについて、いろいろ思ったこともあるけれど、それはまた、機会があれば。

たまたまここを読んでいる高校生で、俳句甲子園を終えて(もしくは来年の俳句甲子園に出ようと思っていて)これから何をしていいかわからなかったり、なんで自分の句が負けたかわからない、など悩みがある人は、よかったら連絡してきてください。なにか力になれるかも。→こちら

8/20
俳句文学館で調べ物をしたあと、吉祥寺へ。クラクラの小西さんとお茶してちょっと飲んだ。おもしろかった。なんか作品つくりたい。

8/21
PCのコードが壊れたかと思いまたしても吉祥寺、ヨドバシへ行ったら壊れておらず微妙な気持ちになった。夜は走鳥堂句会。いつものメンバーに欠員が出たので、急遽参加者を募集して楽しい句会になった。トオイさんが来てくれて嬉しくてちょっと飲みすぎる。

8/22
俳句甲子園から帰って来て2日連続飲んだからか、疲れが溜まっている。台所の床を拭いたり、トイレ掃除をしたりした。買い物に出なければ。

ちくまの連載、「ネオ歳時記」がはじまってます。あなたのまわりのネオ季語募集中。

2018年8月9日木曜日

2018.8.9 ローストビーフをチンしたら、赤いところがなくなってしまいすごく残念

7/29 日
浅草のブックマーケットへ。左右社ブースでサインという名の宣伝・雑務など。山田耕司句集『不純』ができあがった! 帰りは隅田川の花火大会で街に人が多かった。

7/30
午前中、転職活動中のいとこ(4歳下・名古屋在住)が来て、しゃべってお昼ご飯。と言っても、ご飯はとくに用意していなかったので、ふたりでセブンイレブンの飯を食べる。

7/31
よく行く店に友人を連れて行き飯。鰹の刺身すばらしかった。少し歩いて、マクドナルドでお茶して帰る。

8/1
腹を壊す。三鷹「水中書店」へ。できたばかりの「しばかぶれ」第二集と、だいぶ前のものだが「翻車魚」1号を持参する。「しばかぶれ」には30句寄稿。

  朔風や枝の疎密を均すかに  文香

8/2
庭園美術館「ブラジル先住民の椅子」を見る。素晴らしい。



そのあと小部屋句会。お題は「季重なり」。腹を壊していたのではやく帰る。

8/3
すごい音がしていたトイレの換気扇の工事に来てもらう。すごい音がしなくなったのでよかった。午後は打ち合わせ。帰り夕立が降ったが、涼しくはならずサウナのようになった。晴雨兼用傘、はじめて雨に役立つ。

8/4 土
土曜日ながら打ち合わせ。買い物をして帰宅、村上夫妻がうちに遊びに来てくれた。4人でご飯。腹は治ったのでよかった。持って来てくれたローストビーフをチンしたら、赤いところがなくなってしまいすごく残念。

8/5 日
夫といちにち家で過ごし、テレビで甲子園の試合を見た。愛媛の済美高校、1勝。

8/6
月一の医者。吉祥寺でひとりランチをして、少し仕事。そのあと悟空の会。終わって餃子を食べる。
連載がはじまりました。→佐藤文香のネオ歳時記 第一回は「パクチー」「キャミソール」(夏)。

8/7
立秋。風呂の天井からの水漏れの点検。理由がわかってよかった。パクチーが食べたくなって大量に買ってきた。ナマで食べ過ぎて頭が痛くなった。思いもよらず河豚の刺身とメロンが届き喜ぶ。

8/8
台風で気圧が下がり、いちにち寝て過ごす。夜、人生ベスト3に入るほどの頭痛でなかば意識を失った。バファリンプレミアムに感謝。さまざまな夢を見て夜中の3時すぎに覚醒し、なぜか頭がはたらいて仕事の目処が立つ。

8/9
カフェでだらだらと仕事など。今わたし以外にお客さんがおらず、めちゃくちゃ居心地のいいカフェだが、例によってなくならないか心配。

2018年7月28日土曜日

2018.7.28  ここ最近のことはあまり覚えていない

7/12
家で仕事。「guca」2号の依頼など。

7/13
ここ最近書いている本の打ち合わせ。本の名前が決まった。

7/14 土
すごく暑い。石田波郷新人賞特訓、略してハキョトク。わが家に5人招いて、食べ物持ち寄り。5人のなかから受賞者が出るとよいな。

7/15 日
CRCK/LCKSライブにのどちゃんと。ライブハウスのエアコンが壊れて激アツだった。ライブは最高。

7/16 海の日
家で仕事。「翻車魚」2号の依頼など。

7/17
走鳥堂句会@枡野書店。飲み会ではししょー(あだ名)を励ます。

7/18,19
家で仕事。暑い。食べ物をつくりおき。ゴーヤチャンプルーもつくる。

7/20
松山へ。夏井いつきさんの「伊月庵」を見学。暑すぎて帰りにみかんビールを飲んだ。実家の自室の照明器具のなかに死んだGがいて、帰るべき場所じゃないと思った。父親に処理してもらいました。

7/21 土
日本歌人クラブシンポジウム。「短歌、俳句を選ぶ意志」。ひさしぶりに田中槐さんとたくさん話した。打ち上げ後、恐れ多くも宇多喜代子さん、三枝昂之さんらと三次会。チャンバラ貝とせみえびを食べた。

7/22 日
父親、親の友人夫婦と愛媛県立美術館の「坊っちゃん展」に行ってから帰京。夜は夫と近所の蕎麦屋へ。

7/23
東京に来ていた京大短歌の濱田友郎くんを誘ってランチとお茶。短歌と俳句の話をした。濱田くん、話し方がいい。

7/24
NHKカルチャー。またも短歌と俳句の話をする。

7/25
鰺句会。575に収まるとダサいパターンについて。

7/26
小津夜景さん、関悦史さんとゴードン・マッタ=クラーク展に行く。そのあとおしゃべり。小津さんから缶詰をもらった。

7/27
美容室。帰宅してレバーを煮る。どぶろくを飲む。夫は部署異動。

7/28
浅草のブックマーケットに行くのを明日にして、家でだらだら。

2018年7月11日水曜日

2018.7.11 びよ〜ん、ぽん! みたいなのができるようになった

6/26
NHKカルチャー。最近思いついた妙案をブラッシュアップするために講座をつかわせてもらう。そして重大発表をする。

6/27
婦人科の検診。子宮筋腫は思ったより成長が遅く、先生によかったね、と言われる。夜は英会話の先生のお別れディナー。ふたりでよなよなビアワークスでビールを飲んだあとカラオケに行った。

6/28
Place Mで尾仲浩二写真展「あの頃、新宿で・・」を見る。1980年代の写真。森山大道さんの若いころとかCAMPの様子も。雑多な感じが青春感。一度帰宅して飯へ。またもクラフトビール。

6/29
仕事。パワポと格闘。夕方は整体。

6/30
夫と午前中から買い物へ。夫の靴や私のパジャマを買う。買い物に出ると夫は必ず本屋に寄る。それを巡回と言う。

7/1
仕事。いつも休日はリビングのテーブルで夫と向かい合わせ。夫に教えてもらって、パワポのアニメーションの文字のキラキラキラ〜ン! びよ〜ん、ぽん! みたいなのができるようになった。夕方、散歩に出て、澄子さんに西瓜やじゃがいもなどをいただく。夫、喜んでじゃがいもをヘルシオで焼く。

7/2
汐留(ドメシオ)でお鮨ランチ。海胆でトリップした。麻薬だ。うますぎる。生きててよかった。夕方は悟空の会。「クーラーが好き。18℃」という人や「クーラーをつけて窓をあけるのが好きなの」という人がいた。私は27℃、たまに26℃か28℃です。

7/3
いちにち仕事。それ以外何したっけ。

7/4
平岡直子さんとランチ。ベトナム料理のあとコーヒー。パクチーが好きになった今となっては、エスニックは大好物。思いのほか俳句と短歌の真面目な話をしてしまった。仕事でつらい気分になることがあり、平岡さんにも聞いてもらったし、夫が夕飯に誘ってくれた。茗荷が好きになった今となっては、そうめんもうまい。

7/5
小部屋句会。俳句甲子園全国大会の予選の兼題、というのがお題だったけど、俳句甲子園に出しても勝てそうにないし、そもそも勝つ必要もない。

  すべからくすべしくちなはすべるべし  文香

7/6
一日中なんのやる気も起きず、夕方澄子さんの家にお邪魔して打ち合わせだけした。西日本で雨、ひどくなる。

7/7
夫が休日出勤だったので、家を掃除し、あっちゃんを誘ってふたりでうちでご飯を食べてだらだら仕事。翌日の広島行きは中止になる。

7/8
広島その他、大雨の地域を心配しながら家で過ごす。夕方夫と散歩に出てワインバーで少し飲み、その勢いで居酒屋にも行った。夫とふたりでハシゴするのは久しぶり。

7/9
体調不良でほとんど寝て過ごした。どうも自律神経失調のようであるが、だからといって簡単に治せないのがつらいところ。

7/10
昼間は澄子さんとお仕事。夜はユリちゃんに誘われて人生初宝塚へ。星組公演で、RAKUGO MUSICAL「ANOTHER WORLD」とタカラヅカ・ワンダーステージ「Killer Rouge」。初めての人にはオススメしない、もっと王道の方が、とヅカ友に言われたらしいが、コメディが嬉しい私にはドンピシャ。ミュージカルの方、ヒロインが「お澄」だったのでお澄デーでした。礼真琴さん、素晴らしく歌がうまく、ファンになる。帰って話すと夫も行きたそうだったので、次回は夫とユリちゃんと一緒に行こう。


7/11
発売になった!!
itunesでも聴けます。 →こちら

ふぃ〜〜〆切。。
とりあえず、今日はセブンイレブンの日なので、セブンで飯を買ってきます。

2018年6月25日月曜日

2018.6.25 かものはしの夢を見た

6/11
phaさんと一緒に枡野書店に行って枡野さん・あららさんとしゃべり、近所で飲む。村上春樹の短編の短歌がめちゃくちゃで驚いた。

6/12
ぼたんの会。野菜をたくさんもらう。なまの杏も。ぼたんの会は7,8月はおやすみ。
馬場で少し仕事をしてから瀬戸さんとご飯。瀬戸さんとは大学・学部、学年も一緒だけど話すようになったのは卒業してからだった気がする。瀬戸さんは瀬戸さんらしい飲み物(コーラとか、ミントチョコのカクテルとか)を飲んでいて瀬戸さんらしいと思った。

6/13
関取花さんのアルバム「ただの思い出にならないように」発売記念に、花さんとの対談がアップされる。→こちら 日本語の歌詞については今までずっと考えて来たので、お話ができてよかった。さらに、CRCK/LCKSの3枚目のEP『Double Rift』が7/11に発売になることが発表された。私が書いた歌詞が曲になって、しかも2曲も、このアルバムに入っている。作詞家になりたいという夢が叶うのである。生きているといいこともある。
英会話の日だったが、先生が来なかった(体調が悪かったとのこと)。

6/14
洗濯して、料理をして、洗い物をして、買い物に行って、アリエールを詰め替えて、お茶のストックを棚にしまい、床はクイックルワイパー、ソファはコロコロし、便所にスタンプ洗剤をぶしゅっとやり、明日出すゴミをまとめて、花の水換えをした。夜はハキョトク1回目。石田波郷新人賞に応募する人たちが集まって作品を練る会。終わってからどん底に行った。

6/15
はじめてかものはしの夢を見た。沼のようなところで、かものはしを探していたらいた。はりもぐらも登場した。
夫の実家から大量に送られて来たチェリーと、寺でもらった杏をコンフィチュールにした。

6/16(土)
芝不器男俳句新人賞授賞式・シンポジウム。内容はとてもよかったが、観覧無料なのに人が少なかったのが残念だった。生駒くんが言っていた「俳句の参照性」というのは、キーワードだと思う。関さんの司会よかった。私はパワーポイント係をしました。

6/17(日)
高山れおなさんが朝日俳壇の選者になることを知り驚き喜ぶ。髪を切った夫と待ち合わせ、近所でランチを食べて散歩した。途中で腹をこわしてあぶないところだった。

6/18
大阪北部地震。震源地の近くに住む従姉とはやい段階で連絡が取れて安心した。俳句文学館で10分だけ調べ物をし、中野でケバブを食べてカフェで仕事。

6/19
昼から整体に行ってカフェで仕事。夜は走鳥堂句会@枡野書店。メンバーは基本、固定になった。この句会は指導句会ではないのだが、私が言いたい放題言うので結果的に指導みたいになっている。でも趣味の句会。メール句会のシステムをつくろうとか、俳句甲子園の演劇をやろうとか話した。二次会でも句会の話をし続ける。

6/20
俳句甲子園の出場校が決まった。母親が顧問をやっている愛光高校が投句審査で通過したので安堵する。小田朋美さんと菊地成孔さんのSPANK HAPPYの共同声明を読んで感動してやる気が出る。
ごーくんと「柚木沙弥郎の染色」を見に日本民藝館へ。会期中最後の西館公開日だったからか、雨なのに思ったより人が多くて驚く。柚木沙弥郎はテレビで見ていいなと思ったし、実物もおもしろかった。常設の方では、沙弥郎さんの作品と、昔のいろんな国の工芸品がわりとランダムに展示されていたが、うまいこと調和していた。
夜は睦月さんと飲み。沖縄料理に行ってからなっちゃんのワインバーに行った。睦月さんがすげー飲める人で、飲める人は偉大だなと思った。帰宅したら夫がジョーバに乗りながらチャゲアスのDVDを鑑賞していた。

6/21
やる気が出ず昼から風呂に浸かる。そしたら夕方たいへんな依頼が来た。
英会話。先生がアメリカに帰ってしまうので最後のレッスンとなった。いろいろあって、英語への意欲は衰えてしまったが、先生は好きだった。次回、夕飯を食べてお別れすることに。

6/22
金子兜太さんのお別れ会に澄子さんと行く。息子さんの言葉がとてもよかった。参考→こちら
終わったあと、高山さん、磐井さん、澄子さんとピザを食べた。夕方からたいへんな仕事をやり始める。

6/23 (土)
夫と鎌倉へかえる目の鎌倉公演を聴きに。マンションを出たら雨が降り出したので長靴にチェンジするため玄関に戻ったら、夫は部屋に戻って持っていく本をチェンジしていた。電車で読んでいたのはカズオイシグロの『忘れられた巨人』、「雨ならこっち」らしい。雨だし紫陽花の季節だから、観光スポットは混んでいるだろうと思って裏道に出たのがアタリ。いい喫茶店に入ることができ、そのあとライブを楽しんだ。かえる目はドローン、オリンピックなど、時事ネタにつよいのが面白いところ。マンボウの曲もよかった。
土屋鞄を少し見たあと、美味しい夕飯を食べて帰ろうと思い、道沿いにあった雰囲気のよい店に入ってみたら、めっちゃくちゃいいお店で(コースしかない鮨屋)、本来なら完全予約制だったらしいのだが、この日に限ってドタキャンが出たらしく、店側としてもありがたかったとのこと。自分の引きの強さに感動した。

6/24 (日)
金曜、土曜に引き続き、たいへんな仕事を一日中やり続ける。クリーニングを出し、夕方散歩と買い物に行った以外は、だいたいその仕事のことを考えていた。

6/25
診察。調子がいい日は薬を減らしてもいいと言われる。アトレ吉祥寺に最近できた店でケーキを食べて、美容室へ。暑い。ベリーショートにしてもらった。もう一生この髪型でもいい気がする。そのあとドトールで涼みながら仕事のことを考えていたら、めちゃくちゃいい案が浮かんで何人かに報告。考えに気をとられて買ったパンを席に置き忘れ、暑い中取りに戻ったのは残念だったが。帰宅して夫に説明すると、季語の話について「ラカンだね」とラカンの本を持ってきてくれた。
あと、前々から推していた凸ノ高秀さんが少年ジャンプに連載が決まったというので喜んだ。

ここ最近はいいことが多かった。夫もけっこうはやく帰ってきている。6/15のかものはしの夢が幸運を呼んだのかもしれない。わたしはかものはしの神を信じている。これからもかものはしを信じて生きよう。