2019年2月10日日曜日

2019.2.10 太陽肛門とKBOとスパパーン

最近ツイッターで知り合って友達になったKBOは、弁護士なんだか弁護士じゃないんだか知らないがとにかく同い年だそうで、ツイートは音楽アンド文学とかるい下ネタでできており、褒めるときは「まぢでいい」と書くので見たくもない彼のいぼ痔を想起させるが、音楽や文学に関してマニア体質でない私としては学ぶところ多そうという理由でフォローしたのだった。初めて会ったとき中古CDを3枚くれた。そのなかにエリオット・スミスの名盤 「XO」もふくまれておったのでその節は本当にありがとう。夕方から渋谷のフレッシュネスバーガーでビールを飲んだ日だ。KBOは2階席までなんどもビールを運んだ。私は腹具合がわるかった。

そのKBOが、「太陽肛門スパパーン」がいいと言っていて、それがバンド名ということは知人のインスタグラムで存じ上げておる。白いブリーフで演奏することも存じている。この「存じている」の使い方はKBOのそれだ。それはともかく太陽を図案化すればたしかにかくじつに肛門であり、さらにスパパーンだかスパパパーンだかで、ブリーフは白いわけだ。知人は音楽好きな人だからきっと聴く価値あるバンドなのだろうが聴こうと思ったことはなかった。白ブリーフの男とは付き合ったことがない。というより肛門でブリーフなのはつきすぎだ。つきすぎは俳句用語だ。

というのを頭の片隅に置くでもなく先日、拙著『そんなことよりキスだった』の書店まわりにおいて行動をともにしてくだすった営業のAさんが海外文学が好きで佐藤さんにオススメしたい本があるんです〜とふだん私ひとりでは行かないカタカナの名前の多い棚の前に連れて行ってくださりオススメしてくだすったリディア・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』は見つからず、かわりに佐藤が目にしたものとは!!! 次回には続かず以下です。


太陽肛門。


スパパーンはついていない、すっきりとした太陽肛門である。ピュア太陽肛門。

それは書名だった。
作者名、ジョルジュ・バタイユ。

バタイユといえばかしこい私の友人たちがちょくちょく話題にするたぶん偉大な人である。ということはだな、あの白いブリーフの彼らというのは。バタイユの引用というかオマージュというか本歌取り的なアレということなわけなわけか。すっかり見直したぜブリーフ兄さん。といっても佐藤文香はまだ「太陽肛門スパパーン」を聴いたことがなく、もちろんバタイユは読んだことがない。

というのをだな、KBOに話したわけ。話したってかLINEね。そしたらひどいんですのよ奥さん、画面のあちらであの方大爆笑ですのよ。「佐藤文香、バタイユ知らなかった これツイートしていい?w」そんなの、ツイートしていいに決まってるだろうが。ツイートしてもいいけどツイートされるくらいならブログに書くわ。というわけで書いたわ。正確に言えばバタイユは知っていた。名前だけな。

ほいで、太陽肛門スパパーンの方は聴いた。さぞかし文学的?哲学的?なのだろうと思いましたのでね、夫と一緒にリビングでね。「むさし〜こーがねいのえきに〜〜(「哀愁グッドバイ」)」で、お、いいやん、と思ったのもつかの間、「女子高生組曲」のはじめの語りで驚きましたよね。「女子高生は!オ○ニーが!好き!」

あわてて言い訳というかこの経緯、夫に話したところ、おもむろにリビングの本棚から『現代思想の冒険者たち11 バタイユ 消尽』(講談社)を手に取り、ぱらぱらとめくって「これだね」と指差してくれました。『太陽肛門』。嗚呼、やさしくてかしこい素敵な夫。私も読めるかな、太陽肛門。

2019年2月8日金曜日

2019.2.8 日差しと風、ヒヤシンス

少しあたたかいように感じたので、3つの部屋の窓を開けた。北にある夫の部屋の窓から、南にある寝室とリビングの、ベランダへ出ることのできる2つの窓にむけて風が流れた。
昨日洗濯物を取り込み忘れていたことに気づいて、ベランダに出た。洗濯物を取り込んで部屋に戻ろうとすると、レースカーテンが大きくベランダにふくらんでいた。網戸を閉め忘れていたな。
部屋に入ろうとレースカーテンをかきわけたとき、ヒヤシンスの香りがした。わが家の北からきた風が、リビングに満ちたヒヤシンスの香りをわが家の南に運ぼうとしている。
洗濯物をとりあえずダイニングテーブルに重ね上げたころには、すでに部屋は北風に冷えていた。朝の日差しの色にだまされたらしい。そういえば明日は雪も降るという。

薄曇りの午前。出窓のヒヤシンスは光に向かって斜めに咲いてしまったので、昨日わざと部屋の方向にあたまが向くように置きなおした。球根用の花瓶の代わりに丸いグラス、9割まで水を入れて縁に割り箸二本を渡し、その上にお神輿のように球根を置き、二本の箸の両端に輪ゴムをかけてある。さらに、重さで片方に倒れそうなので、そちら側の箸とグラスの間にキッチンペーパーをくしゃっと詰めてある。
透明なグラスにはリラックマのかんたんな顔が白で描かれており、水のなかを上から下へ伸びるヒヤシンスの白い根の束が、クマの顔の内部へ奇妙な柄を施している。彼にあとから与えられた脳みその配線すべてが、スケルトンな顔面を通過しているようだ。脳みそは、あおく咲いている。

レースカーテンの色が一段変わった。ふたたびの日差しである。

2019年2月4日月曜日

2019.2.4 親父のウコン乾燥機

年始、香川の叔父叔母の家に遊びに行った。叔母というのがうちの父の妹だ。
元体育教師の叔父、「最近は飛っびょんよ」というので何かと思ったら退職してパラグライダーを始めたらしい。

叔父に誰かから電話がかかってきて、電話を切った途端、「今週末スキー行くことになったわ」と言う。「スキーは前からやっりょんですか」と聞くと「平成十七年にな、」と話が始まった。

「納屋が燃えたんよ。スキーの板やら一式全部燃えてしもたん」

「え、それって何が原因やったんですか」

「思うに、親父のウコン乾燥機や」

どうやらウコン乾燥機が発熱したかなんかで火が出て納屋が焼けたらしい。その後スキー用具を買い直し、またスキーをやるようになった、という話だったんだが、私は「親父のウコン乾燥機」という単語に釘付けで、スキーのことはどうでもよくなった。

ウコンはじぶんちで育てるものなのか。ウコンはじぶんちで乾燥させるものなのか。そのウコンはどうするのか。売るのか。粉末にして家で飲むのか。ちゃんと聞けばよかった。

2019年1月24日木曜日

2019.1.24 こんにゃくを料理するときに思い出すこと

去年の最後、日記をつけないまま1ヶ月が経過してしまい、もはやどんなことがあったかは忘却の彼方。noteを始めて、それはそれでいいのだけど、なんとなくBloggerも捨てがたく、何をどっちで書くのがいいか考えていたら時間が経ってしまった。

note

これまで毎日のことをなんとなく書いていたのだけど、とくにそのあと必要になるわけではないので、これからはもっとあとからつかえるもの(加筆訂正してエッセイ集にするだとか)にしていきたい。と思って、最近はエッセイのネタになりそうなことがあるとメモ帳に書くようにしている。
ただ、そのときけっこう面白いと思っても、あとから見るとそうでもないことってありますよね。すぐにエッセイにすれば面白くなるんだろうか。

具体的には、「こんにゃくを料理するときに思い出すこと」みたいなメモがあるわけです。試しに書いてみます。

**

こんにゃくは最近までこわくて使えなかった。だいたい、下ごしらえのいる食材はこわいと思っていた。どうも、洗えばいいだけ、というのがあっておそるおそる買うようになり、思ったよりくさいことに驚いたり、炒めてみたら泡が出てきてビビったりしたが、熱湯をかけて適当に切って煮る、ということにしたら抵抗がなくなった。

そこで思い出したのは、いや、思い出しきれてないのだけど、小学生のときの「●年の科学」だったかあるいは中学生になってからのベネッセの付録だったか、都道府県の特産品をモチーフにした短い推理小説集みたいなものの存在だ。別に読み物として面白いわけではなかったのだが、社会の勉強にそういう冊子というのがめずらしく、通読した。今思えば、クオリティはともかく、47都道府県で1話ずつ推理もの、というのは、おそらく外部に委託して書いてもらったのだろうが、けっこう大変だったんじゃないかと思う。

そのなかの群馬県の話。
工事現場で働く男が、転落死した。事故に見えたが、調べると栄養失調。妻が毎日のご飯や弁当にこんにゃくを大量に仕込んでいたのが理由で、妻が犯人、というものだった。せっかくの特産品なのに、こんにゃくの栄養価の低さが殺人に使われるという酷さ。ほかの県の話はまったく覚えていないが、これだけは今でも覚えている。

妻として台所に立つようになった今、夫の体重管理はある程度わたしの仕事だが、とはいえこんにゃくの食わせすぎには注意せねばならない、と、毎度こんにゃくに湯をかけながら思うのである。

**

うーん、書きようによってはもう少し面白くなるのかもしれないが、いまいち「スベらない話」とはならない。果たして需要はあるのか。
まぁでも、10回に1回くらいは面白いものも書けるかもしれないので、これからも思いついたら書いてみます。

2018年12月23日日曜日

2018.12.23 マヌルネコのまぬる感

12/8 土
夫のスーツを買いに行った。ターリー屋でインドカレー。

12/9 日
LIVE冬銀河2018。


ほんとうに素晴らしいライブだった。
企画してよかったと心から思う。
なお、この日おみやげで配ったトオイダイスケさんとの俳句連作、12/29までセブンイレブンのネットプリントで出力できます。


12/10
夕方渋谷に行き、フレッシュネスバーガーでビールを飲んだ。新しい友達。

12/11
ぼたんの会。前日から腹具合がわるく、枡野書店での自習室は中止。

12/12
子宮頸癌検診の受診券をもらおうと保健所に行ったら去年も受けているためもらえず、成人等検診の受診券だけもらった。コーヒー豆の店も休みだった。土曜に買った夫のスーツをもらいに行って、ユニクロでヒートテックのいろいろな種類を買って帰宅。

12/13
左右社へ。そんキス、見本出来。文字の蛍光ピンクがかわいい。



12/14
お昼すぎ、澄子さんのおうちへ。立派な葱をいただく。夜はかえる目のライブへ。今年の関東でのライブは鎌倉とこの日の渋谷だったらしく、コンプリートした。ドラムセットのある会場だったので、中尾さんがかっこよかった。
追記!
1/26、細馬さんとB&Bでトークイベントやります!
佐藤文香×細馬宏通 「「そんキス」と音楽 ☆細馬さんへのラブレター☆」
 『そんなことよりキスだった』 (左右社)刊行記念

12/15 土
夫と買い物。スーツケースの大と小を購入。夫は海外出張用、私はここのところずっと使っていたやつがもうダメになってきたので新調。すごい、最近のは軽いしスムーズだ。クリスマスセールで10%引きでラッキー。2つとも私が買って、夫へのクリスマスプレゼントとする。

12/16 日
仕事。夫はドラクエⅠをやっていたが、夫がいると仕事が捗るのでよい。ドラクエの日本語、ひらがなはもはや詩。

12/17
荻窪のtitleに「guca」2号を、三鷹の水中書店に「翻車魚」2号を納品。店主さんと話すのは楽しい。「翻車魚」通販を始めました。


12/18
新宿で関さんと会い「翻車魚」のこれからについて話す。季節に1回吟行、かんたんなwebページもつくることに。夜は走鳥堂句会。たかすかくんの俳号が今後邪草(じゃくさ)になるか、ならないか。

12/19
トオイさんと冬銀河の反省会、来年はどうするかについて話す。パンナコッタを食べたらうまかった。パンナコッタってうまいんだな。子宮頸癌検診とインフルエンザ予防接種。夫が酔っ払って帰宅し失望する。

12/20
アイちゃんと、打ち合わせという名の鮨。白子と海鼠を食べさせたら反応がよくてよかった。ブリの刺身もうまい。国権のてふを久しぶりに飲んだ。

12/21
クズウさんと埼玉県こども動物自然公園へ。ネオ歳時記の取材も兼ねて。はじめてマヌルネコを見た。存在になんとも言えないまぬる感があり素晴らしかった。コツメカワウソは赤ちゃんが生まれたてで展示してなかった。閉園前、外に出していた動物たちを檻に戻すイベントに参加した。手を叩くとヤギが来て、鈴を鳴らすとガチョウが来た。

12/22 土
村上夫婦と夫と私の4人でおでんを食べた。おでんは大皿に盛られてくるのがよかった。煮こごりは熱燗がはかどる。その後、村上邸へはじめてお邪魔する。酔っ払った村上さんが結婚式のムービーを見せてくれた。すでに懐かしい。

12/23 日
夫と買い物。クリスマスプレゼントとしていいコートを買ってもらった。いいコートが手に入ったら、いい服がほしくなった。メガネもほしい。物欲のかたまりになって叫んだりした。GRAPEVINEの新曲のLIVE配信を見て抑える。3月の赤坂、行きますぞ。

『そんなことよりキスだった』、店頭に並び始めてます。12/25発売。Amazon→こちら
noteで関連する音楽の話を連載しているのでよかったらお立ち寄りください。→こちら

2018年12月7日金曜日

2018.12.7 こんな話をする相手は文香さんだけだ

11/19
東京新聞の仕事の引き継ぎ。鍋焼きうどんのお店。担当さんは私の1つ年下なのだが、たくさん話したことはなかったので、すごく楽しかった。世代論みたいなのはあまり興味ないけど、同世代だから通じる話というのがある。来年の俳句欄もお楽しみに。

11/20
澄子さんに会って「guca」2号を渡す。澄子さんの句会の方に買ってもらった。トオイさんとLIVE冬銀河2018の打ち合わせ。トオイさんと会うといつも恋バナ的な話をしているが、トオイさんはこんな話をする相手は文香さんだけだ、と言う。おかしいなぁ。私、結婚したが、いろんな人と恋バナをする人というのは変わっていない気がする。夜は走鳥堂句会。

11/21
友達と散歩。うちの近所のよさをアピールする。私と仲のいい人たちはみんなうちの近くに引っ越してきたらいいのに。この日も恋バナ。

11/22
第一回・実験句会「虎とバター」。参加者のGさんが事務所を提供してくれて、いいかんじにできた。



11/23 金・祝
かつてのバイト先のカフェでそんキス打ち合わせのあと、その元バイト先の先輩が最近始めた蕎麦屋へ夫と。最高でした。蕎麦・日本酒好きな方はぜひ。

 → そばと酒 えもり

11/24 土
みつるとランチ、うちに来てもらってドレスなどをもらってもらい、紅マドンナと洋梨をもらう。背格好が同じくらいの後輩はよいですね。
夜は元バイト先(前日行ったカフェ)の、別の先輩の結婚パーティーにのどちゃんと。ケーキ入刀ならぬお肉入刀で、何度もお肉をおかわりした。お肉、おいしい。

11/25 日
文学フリマ。出だしは高須賀くんに手伝ってもらい、そのあと関さんが来て、


「guca」2号と「翻車魚」2号を販売した。終わったあとは、スパルタ句会、むじなの面々と打ち上げ。
なお、どちらの雑誌も書店で少し販売します。

11/26 
 つくった俳句を色紙に書く、という、たまにある仕事のために墨や筆などを出して来て書く。あんまりうまく書けなかった。自分としては、ホワイトボードに書く文字が一番うまいんじゃないかと思う。

11/27
マヌルネコ句会。春馬・てるてるとやなぎーがいいかんじだった。若い男子たちのきゃぴきゃぴ感が好き。

11/28
そんキス打ち合わせ。中村佳穂「AINOU」の歌詞レビューがアップされた。→こちら

11/29
朝、大量におでんをつくる。夜は夫にそのおでんを置いて、柏倉さんとジビエを食べに。金持ちになったら毎日鴨食べたい。この日は羊と鳩。

11/30
フルーツポンチの村上さんが小部屋句会に来てくれた記事がアップされた。→こちら
家政学院での講座の準備など。

12/1 土
家政学院の公開講座。それまでに鴇田智哉さん、関悦史さん、堀下翔さんが句会をやっていて、私の回だけ連作をつくろうという講座。なかなか面白かった。


12/2 日
午前中臥せっていたが、午後から少し仕事をした。夕方夫と散歩。ブックオフまで行って、帰り道に新しいスーパーがオープンしていたので、安い蕪や厚揚げを買って帰る。

12/3
いつもの医者へ。そのあとネオ歳時記の原稿を書いて、悟空の会。ルノアールに4時間半滞在。二次会は沖縄料理屋。

12/4
意味がわからないほど暑かった日。澄子さんのおうちにお邪魔したあと、真鰺句会。

12/5
仕事がはかどるカフェに行って仕事をした。はかどった。最後の俳句展望台を書いて、達成感。

12/6
雨で寒し。句会前にコートと本を買い、打ち合わせ。小部屋句会後忘年会という名のふだんの2次会。来年からの句会のあり方について少し話す。宇都宮敦歌集『ピクニック』(現代短歌社)と高山れおな句集『冬の旅、夏の夢』(朔出版)を佐藤智子さんにあげた(お祝い)。

12/7
仕事がはかどるカフェに行って仕事をした。はかどった。このカフェだけはなくなってほしくない。昼からビールを飲んでいる常連の小ぎれいなおじいさんが好き。


日記をnoteに移行しようかと思っています。
よかったらフォローしてください。→こちら


2018年11月19日月曜日

2018.11.19 眉毛とはよいもの

11/2〜4
風邪ののちのアレルギー性の咳喘息で寝込んでいた。

11/5
中野のコメダで仕事をしたあと、多映さんと全句集の打ち合わせ。多映さんに膝掛けをプレゼントした。

11/6
枡野書店で少し仕事後、真鰺句会。枡野書店で過ごすのも慣れてきたな。

11/7
柿本多映全句集座談会。わりとすっきりまとまりそうな予感。飲み会にはれなりんも来た。

11/8
代々木八幡でおしゃれランチ後、『そんなことよりキスだった』の初稿を返し打ち合わせ。略称はそんキス。イベントなどもやることになった。

11/9
米子へ。自転車を借りて日本海まで漕ぐ。海沿い、人がいなくて天気も良くて最高だった。夜は駅の近くの居酒屋へ。もさえびの刺身を食べた。

11/10 土
高校生文芸道場中国ブロックの講師をした。講演が苦手なもんで、ほとんどワークショップで終わった。やはり各県の代表ということもあり、真面目に取り組んでもらえたのでよかった。終わってから、17時半にあく居酒屋に行って、ひとりで刺身と蟹、日本酒。最終の飛行機で帰京。

11/11 日
いちにち休憩。夜は福井に住んでいるKくんの上京にあわせてひらかれた高校の同期会へ。参加者7名。Kくんはもう准教授だそうだ。

11/12
「翻車魚」2号届く。マンボウなのにかものはし号という意味のわからない雑誌になっているが関さんのイラストがとてもよい。自分の雑誌で自分の特集というのも意味がわからないと思うが、柳元佑太さんにいい評論を書いてもらえたので、文学フリマ等でお買い求めいただければ幸いです。3号は関悦史特集にする予定。
夜はちょっとイレギュラーな句会。どういうのかはのちほど。

11/13
ぼたんの会。終わってから枡野書店へ。2人の人が応募作品を持って来ていたので見た。プロの俳人とは何か、という話など。帰宅してから考えたけど、私が思う俳句作家は「その人の作品を読みたい」、俳人は「その人と俳句の話をすると面白い」かな。

11/14
いちにち原稿を書く。2つあって、ひとつ終わってから家を出て、カフェで書いた。どうにか両方終わった。えらい。

11/15
髪を切りに行ってから原稿を書く。だいたい書けて、幡野広志さんの展示「優しい写真」を見に行った。とてもよかった。眉毛とはよいもの。


帰宅して送稿。1日遅れで出せたのでセーフ。 
一番忙しい時期をなんとか乗り切ったので達成感。

11/16
そんキス再稿もらう。だいぶできてきた。
仕事が一段落したので、冬物(セーターとパンツ)と来週のパーティー用のドレスを購入。夜は鍋。鍋のもととかつくってる「もへじ」という会社はおすすめです。KALDIで売ってる。

11/17 土
マクドナルドで仕事。真っ白のズボンにカフェラテをこぼしてしまった女の子を見る。断捨離を思い立つ。下北沢へ行き、いらない服を売る。服はおどろくほど安かった。青空マーケット的なところにカフェバイト時代の先輩がアクセサリーの店を出店していたのでピアスを購入。書店でNさんに会う。
いろいろあってシンポの2次会だけ顔を出したら、酔っ払った人にひどいことを言われた。夫は出張なので、最寄駅の近くのバーでひとりで飲み直して帰宅。

11/18 日
「guca」2号届く。午後からユリちゃんと息子が来て、文学フリマの準備。ユリファンには残念なおしらせだが、今年は文学フリマにユリちゃんは来ません。基本は私と関さんが店番です。
詳細は→こちら

11/19
朝から雑務もろもろ。
このあと郵便局に行き、買い物と打ち合わせ。
本当はプールも行きたかったが、荷物が届かないので無理そうだな。