2019年6月3日月曜日

2019.6.3 花、名前、記憶

紫陽花が咲きはじめ、少しすると一斉に立葵が咲く。そのうちに棚の凌霄花も咲く。小さなバス同士が、かつて商店街であったはずの、今でも豆腐屋や文具屋がぽつぽつと並ぶ細い道をすれ違う。

夜はジャズバーをやっている店の、昼ごはんを食べに階段をのぼる。先客は大学生グループで、少し賑やかではあったがドライカレーを頼むような学生は信用できる。私は『記号の国』を少し読み進める。すみません、と背の高いアルバイトが到着する。腰に黒のサロンを巻いてすぐ仕事に入り、私にジャークチキンを運んでくれる。水菜の上のラタトゥユが冷たくて愉快だ。
砂糖細工のような照明が、各テーブルの上に吊られていて、昼ながら暗い店内を照らすというよりはそれ自体の美のためにほの明るくある。ターメリックで炊かれたライスに、チキンのスパイスとあぶらが移って美味い。チキンはたいへんやわらかかった。

いただいた百合と芍薬、緑がかった白薔薇トルコキキョウの花束は、我が家のなかで私や夫よりも強烈な存在。玄関を開ければもう、百合に香りを嗅がされている。蕾はふくらみ、開いていたものはより開こうとする。私たちの注目の的。
道管がよくはたらくようまめに水切りする。百合は単子葉類なので維管束はばらばらだろう。芍薬には形成層があるはずだ。そういった知識は中学校で身につけたものだ。コヒョートユージョー、ジューニソクミツブセ、ユミハツヨシ、これなども中学校で覚えた。マダツボミ、プテラ、ニドリーノ、ペルシアン、これは小学6年生のときに覚えた。大学の授業では教養としてガンダムを学んでいる。家でガンダムの話をすると夫がしきりにYouTubeを見せてくる。

夫の母は何かにつけてお酒を送ってくれる。今回は日本酒とワイン、それに家で漬けたという梅酒も送ってくれた。誕生日前夜の昨日はワインを開けた。エチケットの梟の可愛さ。キャンティはサンジョベーゼを主体としたブレンドワイン、というのも飲みながら身につきつつある。Chiantiはイタリア語、étiquetteはフランス語。最近覚えたことといえば、プリミティーボはジンファンデルであること。Primitivoはイタリア語、Zinfandelは英語。Chiantiは地名だが、PrimitivoもZinfandelも葡萄の名前でイタリアはプッリャ、アメリカならカリフォルニアを中心に育つ。

子供のころ花の名をいくぶんか覚えたのは、母親が花を見るとその名前をかならず呼んだからで、教育ではあっただろうが癖とも言え、自然と私にもうつった、だから私も何か花を見るたびに、クレマチス、カシワバアジサイ、ホタルブクロ、などと夫の横で口にしながら歩く。ひとりで川沿いを走りながら川を見ていたら月見草、その向こうに鴨、そういうときは心の中で月見草、鴨、と言う。

連休に諏訪ではじめて見たと思った苧環は、4年前の連休に伊香保でも見ていたが、そのときは名前を調べず写真にだけ撮っていて、知らない花として記憶から漏れていた。というのは、過去に自分で撮影した紫陽花の写真を探していたら、苧環の写真が出てきてわかったのだった。その日も、不思議な花だと思って写真に撮ったのだろう。もう君は知っている花だと、苧環に告げた。
榛名湖では馬に乗った。諏訪湖では遊覧船に乗った。諏訪湖の遊覧船はすわん号であった。榛名湖の馬にも名前はあっただろう。4年前はまだ、夫に出会っていなかった。今日は、34歳になった。

2019年5月23日木曜日

2019.5.23 自分はちっともすごくないし、全然ダメでもない

大学の図書館のカードをつくったら、何か借りないともったいない気分になり、『ロラン・バルト著作集7 記号の国』を借りた。翌日、美容室でそれを読もうと持参したが、大学の授業でどんなことしてるの?と聞かれ、漫画の話で盛り上がって、担当のHさんオススメの『約束のネバーランド』を読み始めてしまい、2巻の途中まで読んだところでカットが終わったが、続きが気になりすぎて5巻まで借りる。そのまま句会へ行く道中もずっと読んでいた。句会や二次会でよくわからないギアが入っていつも以上によくしゃべってしまった。帰りの電車でも漫画を読み、帰宅して5巻まで読み終わってしまった。『記号の国』の方も、今朝申し訳程度に少し読んだが、どちらを読むのが自分のためになるかはわからない。この日は漫画を読んだことに意味があった。そういえばHさんに借りた『ソラニン』をまだ読んでいなかった。次美容室に行くときは読んで返そう。私からは『映像研には手を出すな!』をすすめた。『約束のネバーランド』とは、中性的な主人公格3人が、互いの能力を補い合って頭脳でいろいろをクリアしていく点で似ているかもしれない。

また英語の勉強を始めようとしている。やり始めてはすぐやめるのを繰り返していたが、今回はTOEICを申し込んだので少しはやるだろう。今まで、何をやってもすぐにやめてしまう自分は、本当にダメなやつだと思っていた。でも、何度でもやり始めてやめたらいいと思ったら気が楽になった。だらだらするか仕事か勉強か、ではなく、だらだら仕事をしたり、だらだら勉強をしたりするというかんじでいければと思う。休んでも終わりじゃない。TOEICは何度も受ければいいし、本だって読めなくてもそれで終わりじゃない。またいつか読めばいい。

これからなにをやっていくかについて、可能性のある選択肢をありったけ増やす作業をしている。どれも少しずつやってそこから選べばいいし、何かからやり始めて、そのあとで何かをやってもいい。やり始めたことができなくても、別に誰も困らない。適性がないから馬鹿というわけではない。何もできなくて俳句に帰ってきても、それはそれでいいじゃないかと思う。

自分はちっともすごくないし、全然ダメでもない。誰とも比べなくていい。何か少しでもやれば、少しかしこくなったり、楽しかったりするだろうから、毎日少しずつやればいいし、何もできない日があっても、翌日は少しやればいい。

去年一昨年と、毎日体調が悪くて、午前中はつかいものにならなかったが、今年度に入ってからほとんど二度寝をしなくなった。一日あたり平均3時間くらい使える時間が増えた。それだけでもいいことだ。健康が一番だ。

2019年5月15日水曜日

※大学の授業の課題としてつくっています。内容はすべて架空のものです。リンクなどしないようにしてください。


秋葉原MOEE(萌え絵)中学へようこそ!!(日本語版)
Arts Chiyoda 3331での学びと修学旅行〜
MOEE募集要項】
世界で描かれているMOEE(萌え絵)を秋葉原に集めたい!作品はオタクのメッカ秋葉原のアートスペースに展示されます。優秀者は日本にご招待。中学校の授業を体験しつつ、萌え絵もスキルアップ。広島や京都への修学旅行も。
内容 MOEE(萌え絵)募集
規定 Webより応募。AIPSDJPG形式のデジタルデータ作品。解像度350dpi。応募は11点。居住国、日本への思いなど、応募フォームにしたがって記入してください。
〆切 2025年1月末日
賞 最優秀賞1点=100万円、優秀賞3点=50万円、佳作26点=5万円。すべて、副賞は中学校体験日本旅行。
発表 2025年5月下旬。日本旅行は10月。
選考委員 しずまよしのり氏(イラストレーター)、森川嘉一郎氏(明治大学国際日本学部准教授)



日本の学校体験スケジュール案


授業内容&講師案