2017年4月12日水曜日

2017.4.11 青と赤

月曜は2時間かけて杏林大学病院へ。前回の診察同様「マリッジブルー」と言われる。それもあるだろうが、どちらかといえば無能感が主だと思う。薬が増えた。前つかっていて、調子がよくなったからといってやめていたもの。
帰りにひとつ手前のバス停で降りて井の頭公園のなかを歩いた。桜はもちろんのこと著莪の花が盛りで、山吹も全開だし、石楠花も咲き始めていた。乙女椿もまだ咲いている。ちょっと黄泉っぽかった。ランチは、高円寺に本店があるベトナム料理「チョップスティックス」の吉祥寺店でコムガーと生春巻きと蓮茶。
そこで思いついたことには、今週は自分を甘やかすため、ほしいものは全部買っていいことにしよう、ということ。さっそく柏のTHREEで基礎化粧品のセットを購入した。夜その案を夫に言うと、じゃあ僕は30万くらいのカメラ買おうかな、と言い出したのでそれは止める。あくまでも私用の制度ということにしてほしい。夫は大学時代写真部の部長だったらしく一眼レフやミラーレスなどいくつか持っている。
夕方また調子を崩すが、夕飯の生姜焼きが思い通りの味になって満足。パーティーの連絡系の庶務を引き受けてメールに勤しんだ。夫は23時半すぎに帰宅。

昨日は気圧の低下がひどいことを前の日のうちに把握していたため、酔い止めを飲んでから活動を開始。2/13からつけていてすでに傷つきまくっていた結婚指輪を、購入した池袋西武でクリーニングしてもらい、何でも買っていい制度を適用してA4が入るきれいめのくすんだ青の鞄を買った。それを夫に報告すると、僕は赤い鞄を買おうかなと言うので、登山リュックくらいならいいよと言っておいた。家庭内イメージカラーは私が青で夫が赤と決まっており、歯ブラシはもちろん、いただいたバスタオルもいただいた江戸切子もすべて私が青、夫が赤をつかっている。結婚式後の食事会は、私が水色のワンピース、夫はピンクのネクタイの予定。
8Fのレストラン街で昼を食べて護国寺の句会へ。これはお寺の婦人会の句会なのだが、高齢化が進んで欠席投句が増え、今日も参加者は2人。それでも、90代の人たちが句作に取り組んでくれているのは嬉しく、どれだけ伝わるかわからないけれど全力で講評する。お題は「山笑ふ」だったので、自然を擬人化した季語だから自然物とも人間の行いともつきすぎになる可能性があること、主述の入っている季語なので体言をあてがうのがやりやすいことなどを伝えた。豊子さんに、いつものように菠薐草や蕪をもらった。
最近電車に長く乗るのも辛い。ホームで何かしら甘い飲み物を買って、それをお守りのようにして電車に乗るのだが、帰るときにいいものが買えず、柏に帰ってモスバーガーでビールを飲みながら泣く。
昨日家の近くの薬局に行ったらこの薬は取り寄せになると言われていたので、それを取りに行って、泣きながら帰る。帰宅しても非常に調子が悪く、頓服薬を飲んで夕飯をつくり、本格芋焼酎「一どん」を飲みながらホワイトチョコがけいもけんぴを食べ(芋同士だからか、非常に合うことが判明)、頓服薬もう一錠ともらってきた薬を飲んで寝た。夜やろうと思っていた仕事はできず。せっかく夫は22時前に帰ってきたのに、おかえりとだけ言って寝ていた。朝聞いたら夫はちゃんと風呂に入って三国志13をしていたようだ。主人公司馬懿に飽きて今は卑弥呼でやっているという。卑弥呼はゲスト出演らしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿